忍者ブログ
HPブログ
[705] [704] [703] [702] [701] [700] [699] [698] [697] [696] [695]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

691826de.jpeg先日友人とお話中、彼女が金子みすずさんの詩を引用してくれました。
たまたま昨夜、NHKの歴史秘話ヒストリアで金子みすずさんが
取り上げられてましたので、番組を観ました。
「星とたんぽぽ」と言う詩であることが判りました。
ご紹介しましょう。

青いおそらのそこ深く
海の小石のそのように
夜がくるまでしずんでる
昼のお星は目にみえぬ
見えぬけれどもあるんだよ
見えぬものでもあるんだよ 

(お写真の秋の空にも星はあるのです)
人の優しさや、思いやりは見えない時もあるけど、昼のお星さまのようにあるのですね。
金子みすずさんは26歳で自ら命を絶っておりました。命日が3月10日でした。(驚き)
数々の素晴らしい詩が残されています。
この度、大震災で有名になった「こだまでしょうか」も良い詩ですね。
わたくしの琴線に触れた詩は「わらい」です。この詩の感性には脱帽です。切々と痛みが伝わってきます。
PR

コメント
みすず
金子みすずは知ってます。でも昼でも望遠鏡で星は見ました。目には確かに見えません。みすずは素晴しいです。
【2011/10/21 08:59】 NAME[y.m ] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[12/09 y.m ]
[11/02 y.m ]
[11/01 y.m ]
[10/25 y.m ]
[10/21 y.m ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
高知ボイラ工業
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索